--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.18

Portbello Market 3

  イギリスの方は王冠、というか、イギリス王室と本当にとても存在が近いですね^^♪。この前スタンプ屋さんのお父様がイギリスの王冠のスタンプの説明をいろいろとお話してくれたことを記しましたが、ロンドン市内、至る所に王冠マークがあふれています。ROYAL MAILと、郵便局はもちろんですが、電話ボックスにもほら!王冠マークが^^王冠
バッキンガム宮殿前のSt.Jame`s Parkの横の女王様の通る道、「The Mell」にも、女王様が通るからと、赤絨毯のように、道の色が赤っぽくなっていたり「The Mell」には国旗を飾るポールがあって、ポールの上にはこんな風に王冠
王冠がついています^^。各国からお客様がくると、そのお客様の国の国旗も飾って、この王冠のポールにはイギリスの国旗が飾られるそうです^^。なんだかとっても可愛らしいくないですか?^^。
   
   そして次は私の大好きな場所のご紹介。ちょうどHIGH STREET KENSINGTONの教会の裏辺りに、可愛いお店やおうちがあって、とっても雰囲気の素敵な一角があります。そこの住宅の壁にはこんな絵が描いてあるんです!!壁1
壁2
アンティーク屋さんや、おもちゃ屋さんの絵が描かれているんです♪こんな素敵なおうちに住みたいと思いませんか??そしてこれはその地域にお住まいの方の共有のお庭です。居住者の方のみ、Keyを持っています。庭

  
    そしてそしてPortbello Market店内

店内2
^^。このマーケットの周りのNotting Hillのあたりには、こんな素敵なカラーのおうちが並んでいます。きれい
そして、マーケットではこんな可愛らしい看板も!看板
お客さん待ちの店主さんにはこんな方もいらっしゃいました^^。お客待ち
そして私が今回ご紹介するのは、やはり私の大好きなアンティークキーでも・・!!!う~!!残念!!今回私がキーを購入したなんだかナヨナヨしたおじさま!とっても愛嬌あったので、写真撮ることもお願いしたので、ぜひご紹介したかったのですが、ガスト数が多すぎて(デジカメで撮ったため。設定ちゃんとしていたつもりなのに!!)UPできませんでした(大涙)!!とっても愛嬌あるおじさまだったので、本当に本当に残念です!!でも、今回は小さい赤ちゃんみたいな、ハート型のキーを中心にまた色々仕入れてみました。キー




 
   そしてこれも今回仕入れた私の趣味のマザーグースの本マザーグース
毎晩息子と一緒に読んでます。ハンプティダンプティ
ハンプティダンプティも塀から落っこっちゃって王様の家来も馬たちもどうすることもできません(笑)そしてこれもマザーグースのpicture books(汗)。なんだかもうコレクションになってます^^;;。マザーグース


  
  次回はハンドメイドが好きな方用に仕入れてたドイリーや糸巻き、レース等、ハンドメイド用小物をご紹介したいと思います^^。

スポンサーサイト
2006.04.12

portbello market 2

  ロンドンは都会です。それなのに、ロンドンの街中には緑が至る所にあふれています。sjp2
大きな大きな公園や、近所の住人でみんなで管理する(近所の住人だけが鍵を持っていて中に入ることができる)というような公園が、とても多いのです。
  息子も時差で疲れてきたとき、彼をなだめる私の口癖は「あとで公園に連れていってあげるから!!」でした。でも、その公園とは彼の想像していた公園とはまったく違ったようです。
   彼は日本のように、遊具がいっぱいの公園を期待していたようです。でもロンドンの公園は、ただひたすら芝生が続いていて、皆が寝転がって日光浴していたり、花にあふれていたり、池に白鳥や鴨がいたり、4

りすがいたりsjp
。ちなみにここはバッキンガム宮殿のすぐ横のSt.James`s Parkです。私が学生の時は、公園の中には(Holland Park)孔雀までいたこともありました!!。その時はただただびっくり。柵もなく、ただ目の前で羽根を綺麗に広げる孔雀に(多分雄だったのでしょうね!ものすごく羽根が見事でした!)カメラも持っていなかったし、ただただボーゼンと見ていたのを思い出します。
   
   portbello market。お店1
ほんとに沢山のお店や人たちでいっぱいです。今日はその中で、私が特に気に入ったスタンプ屋さんをご紹介したいと思います。 4
こちらでは、このお姉さんのお父様がスタンプを作っていらっしゃっていて、私の大好きな「王冠」の模様が6つも7つもあったり2
王冠

。しかもそのそれぞれの王冠にはそれぞれ由来があって、お父様が(お父様も別の場所でお店をだしていて、そこにもお邪魔したのです^^)その王冠の由来をいろいろと、「これはエリザベス女王様が戴冠式の時に・・」とか「これはチャールズ皇太子がウェールズで何々の時に・・(ごめんなさい!あまりにたくさん説明されたので覚えていません^^;;)」とか、ひとつひとつ説明してくださるんです。ほかにも私の大好きなアンティークキーキー
もあったり、マザーグースのハンプティダンプティもあったりハンプティダンプティ
(それも塀の上にのっているハンプティダンプティと、落っこってしまったハンプティダンプティとあったり^^)ミシンミシン
や、糸紡ぎ機の絵柄のスタンプもあったり素敵にデコレートされたイニシャルスタンプイニシャル
もあったり。とてもとても精巧な作りで、とても素敵なんです!私もとっても気に入って、今度、輸入して、HP作って販売させていただこうと考えて、今お話が着々と進んでいます♪♪♪。なんだかとっても楽しみ♪台は木製で、銅製の版がついているタイプのスタンプです。もちろん実用していただいてもよし、飾っていただいても素敵です。ゴム版とは違い柔軟性には欠けますが、そこがまた雰囲気がでてかわいいです。柔らかい布などの上で押していただくと綺麗です。スタンプたち
1
こちらはうさぎの柄です。スタンプを押して、名前を書くのだそうです・・・。自分の本や、ノ-トなどに押して名前を書いたりしてもかわいいかも。今後、これから作るHP上でまたいろいろなスタンプをご紹介できる日が近くにくると思います♪。

2006.04.11

portbello market 1

  私が息子とロンドン滞在したのは3月末から4月にかけてでした。この画像は3月のヴァッキンガム宮殿前でのグレーのコートを着た衛兵さんたちの交代の姿です。3月交代
やっぱり何度見ても衛兵さん交代は迫力あります^^。息子も大喜びです。4月からは衛兵さんの交代の格好が、一番有名な赤い制服姿となります。


ポートベロー 入り口 ホテル
さぁ、これからポートベローマーケット、ロンドン1のアンティークの蚤の市にいきましよう。こちらは毎週土曜日に開かれます。朝1番はご商売で各国からアンティークの買取にこられた方々が主なお客様。お昼を過ぎると、観光客の方が多くなってきます。上の画像はちょうどポートベローのマーケット街に入ろうとするところにある小さな可愛らしいホテル。軒先の花がいつもいつも綺麗で、留学していたころも、今も、1度は泊ってみたいな♪と思わせてくれるホテルです。大きさはとても小さくてこじんまりした様子。ここを通るたびにお花が綺麗で、つい、写真を撮ってしまいます。
 
ポートベローのマーケット街に着くと、京都のうなぎのおうちのように、入り口は小さいのに奥にずっと広く長く続いて、アンティークの出店・お店が詰まった建物がいっぱいいっぱいあります。もちろん道端にもたくさんのお店が出店しています。そして、お店の方は、新聞を読んでいたり、近くで売ってるケバブを食べていたり、お客さんと交渉していたり^^。とっても楽しい雰囲気の場所がずっと続いています。お姉さん
ここのお店のお姉さんもとってもニコニコ。「写真をとってもいいかしら?」の質問に、笑顔で「OK!」って答えてくれました。ここではまずは子供用のパズルを購入。パズル
色鮮やかな絵が可愛いです。ちょっと飾り棚の上等に飾っておくのにもちょうどいいですね^^。あと絵本①も
絵本1
購入。絵本はほかの場所でも購入しました。
  ほかにもレースや缶やキーやハンカチ、それに王冠型のタイル??なども購入しました。でも今回の買い物の一押しは「王冠」や「ハンプティダンプティ」のスタンプです。また後日、ロンドンの街の様子と一緒にご紹介させていただきますね(^-) 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。